FC2ブログ

2016年3月ぺんすけ会。猫カフェ Dear Cat

ギャラリー
03 /25 2016
201603_kawai.jpgaya72_201603nekocafe.jpg
MUKUAYA作
「青い壁にネコ」 F4
家の近所にある気になっていたネコカフェにいけてうれしい。
もっと猫をかわいくかきたかった。



201603_mika.jpgmika72_201603nekocafe (1)
MIKA作
「生駒の猫カフェにて」  31×23cm
初めての猫カフェ!めっちゃ可愛い猫ちゃんがいっぱいいて
癒しの空間でした。始めはかなり動いて描きにくかったのですが
あとから大人しく寝始める子たちもいて、それもまた愛らしかったです。
一時間半があっという間でした。



201603_tama.jpg   2017_2016dearcat.jpg
TAMA作
「猫カフェ Dear Cat」 26x36cm
いつかはしてみたい猫との暮らし。
このカフェでは猫がたっくさんいて、もっともっと一緒にいて
いっぱい描きたかった!


201603_watanabe.jpgwata72_201603生駒の猫カフェ
えいいち作
「猫カフェの猫たち」 ワットマン F4
初めての猫カフェ体験でした。猫たちが様々な
動きや姿態を披露してくれるので飽きません。
あっというまの90分でした。

3月のぺんすけ 生駒の猫カフェDear Cat

今月のレポート
03 /14 2016
行き先   猫カフェ Dear Cat
集合時間  11時30分
集合場所  近鉄生駒駅 中央改札口 
参加者   tama mukuaya mika watababe
アクセス  駅から徒歩7~8分。

天気    雨。寒い~!

今月は奈良の生駒にできた猫カフェに描きにいってきました。
以前にも生駒の猫カフェにぺんすけ会で行きましたが、そのお店はなくなり、今回はまた違うとろこでした。

このお店では、『殺処分ゼロを目指して開店した奈良の保護猫カフェです。随時、猫の里親も募集しています。 』だそうです。
詳しくはお店のサイトをご覧ください↓

猫カフェ Dear Cat

生駒駅から北側にでて、まっすぐ行けば左手にこの看板がでてきます↓

201603_cat01.jpg


青い壁がおしゃれなお店で、猫たちがたーくさんお出迎えしてくれました↓
やんちゃな若い猫ちゃんたちはドタバタ動き回っています。
201603_cat03.jpg


1時間半の時間制限があるので(もちろん追加料金で延長可能)、悠長に猫と遊んでもいられず…早速スケッチ開始!↓
201603_cat05.jpg

仲良し猫ちゃんたち。ずっと顔をひっつけていました。夫婦もこうあるべきか…(笑)↓
201603_cat04.jpg

こんな隅っこにもイチャイチャ猫たちが!↓
201603_cat02.jpg

猫たちの紹介ボードもたくさん。ここには保護猫もいるのであんまり触れない猫ちゃんもいるけど、どの子もかわいかったです↓
201603_cat06.jpg

2月のぺんすけ会『EXPOCITYとニフレル』

ギャラリー
03 /13 2016

mika72_201602expocity.jpgmika72_201602expocity00.jpg
MIKA作
「スタバの人々」  31×23cm

EXPO CITYのスタバはTSUTAYAとくっついていて、
好きな本を読みながらコーヒーをいただけます。
本を読む人、PCする人、勉強する人、スマホする人…。
そんな中で私は描く人として楽しませてもらいました。



201602_aya.jpgaya72_201602expocity.jpg
MUKUAYA作
「恋と平和のロフト」 F 6

初めてエキスポシティに行った時から気になっていた、
かわいいロフトのディスプレイをかけて嬉しい。


201602_tama01.jpg tama100_201602expocity.jpg
TAMA作 「エキスポシティのガンダム」  F4

初めてのエキスポシティ、インパクトのあったガンダムに挑戦してみました!
時折ガンダムファンに怒られそう…と頭をよぎりました(笑)


201602_tama02.jpg  tama300_201602エキスポニフレル

TAMA作
「新感覚水族館ニフレル」  F4

描けるかどうか分からないけど、可愛い魚たちを見てたら描かずにいられない!
そぅっとスケッチブックを出してみました。
それぞれの特徴をとらえた魚の説明書きが分かりやすくてマル!

pensuke5

関西ぺんすけ会メンバーの名前
をクリックするとそれぞれのHP
やBlogに飛びます。

TAMA
MUKUAYA
EIICHI
MIKA関東圏へ引越し。
NANA
ASA
FUKU(Blogの管理人です)