FC2ブログ

7月のぺんすけ会   坐摩神社 せともの祭

ギャラリー
07 /28 2019
360x275tama線かきせともの祭万葉舞105884738943489201907_いかすり神社ひぶせ陶器

TAMA作
「せともの祭の舞楽 万歳楽の人形」  F4
大阪のせともの祭で、ひときわ目立つ全身せともののお皿で出来た
人形や太鼓がありました。描くのが大変…と、1度はスルーしたものの…
やはりピンときた物を描くしかない!と覚悟を決めて描きました(笑)



277x360fuku線かきせともの祭105884791704114
FUKU 作
「坐摩神社」 F4
陶器のかわいい猫や人形を描きたいけど、店番のオジさんオバさんが
にらみをきかせているので諦め、石畳からの眺めを描きました。



360x253aya線かきせともの祭105884766204687
MUKUAYA作
「せともの祭の中で盆栽」   F4
久々のスケッチで待ち合わせの時間も場所も間違えた!
お二人ともすみませんでした。
でもショックから立ち直ってたのしくかくことができました。




にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


6月のぺんすけ会 天満橋スタバ

ギャラリー
07 /01 2019
360x266tama天満橋スタバ線かき1025
TAMA
「天満橋スタバスケッチ」  F4
台風が近づく中、雨に濡れない駅前にてカフェスケッチ。
久しぶりに『描かないと食べられない!』スケッチをしたので、
サンドのあたたかいうちに急いで描きました!



360x285fuku天満橋スタバ線かき1027
FUKU 作  
「雨の天満橋スタバ前から」 F0
店の外にあるテーブルから傘🌂を持って行き過ぎる人を描きました。
メガネを忘れたので細い部分が見えず困りました。(´ω`)


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


 5月ぺんすけ会 玉造「三光神社」

ギャラリー
05 /30 2019
360x268aya幸村像8475
MUKUAYA作 
「真田幸村」   F4
大阪夏の陣で幸村が使った抜け穴があるなんて!すごい!
そのこと今日初めて知ったけどスケッチできて嬉しいです!



270x360にらむ幸村2694
FUKU作
「三光神社の幸村」  F4
ねぶた祭の人形のような幸村は迫力満点。
ちょうど犬を連れた女性が参拝しに来たので後姿を
こっそり描き加えました。つぼみの紫陽花も。



にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


4月のぺんすけ会 高槻の鯉のぼり

ギャラリー
04 /27 2019
268x360tama子供鯉7542201904_高槻こいのぼり

TAMA 作
「鯉のぼりと子供たち」    F4
高槻のこいのぼり。園児達が遠足でたくさん来ていて、
楽しそうに見ていました。手作りもあれば5mもありそうな
巨大なこいのぼりまで様々で、見ていて飽きませんでした。



360x255aya鯉のぼり線かき280459218
MUKUAYA作
「たかつきのこいのぼり」   F4
奈良から電車バス乗り継いで、行くだけで疲れてしまった。
しかし、それだけの価値がある素敵なこいのぼりでした!



360x265fuku鯉のぼり線描き985785370
FUKU 作
「高槻の鯉のぼり」    F6
堤に着いた時、鯉のぼりはだらーんと干物みたいだったのに
風を受けたとたん一斉に泳ぎ出し生きてるように見えました。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


3月のぺんすけ会 枚方パーク

ギャラリー
04 /01 2019
360x249ひらパーtama65370601551778 - コピー
TAMA作
「あっちこっち、ひらパー」  F4
次男(8才)を連れての遊園地『ひらパー』スケッチは
『あっち行こう!こっち行くー!』とおおいに振り回されました…。
1箇所でじっくり描くのは諦め、1枚にあちこちのひらパーを詰め
込んでみました。



270x360ひらパーaya65350236225171 - コピー
MUKUAYA作
「パニックレーサー」  F4
はげしい動きの乗り物はようかかなかったので、選んだのがこれでしたが
甘かった。回る回る~止まって搭乗してる時に頑張ってかきました。




270x360ひらパーfuku65297969668264 - コピー
FUKU 作
「ひらかたパーク」   F4
奥にはメリーゴーランドやコースターなど遊園地感満載だったけど動き回る。
なのでエントランスの可愛い動物と満開の草花にしました。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

pensuke5

関西ぺんすけ会メンバーの名前
をクリックするとそれぞれのHP
やBlogに飛びます。

TAMA
SAKU
MUKUAYA
EIICHI
MIKA関東圏へ引越し。
NANA
ASA
FUKU(Blogの管理人です)